検索ボリュームが少ないのは勝てないのか実際にやってみた!
     

 

キーワードプランナーや新巻鮭などで
検索ボリュームを調べてると

すごく需要があるものから、少なすぎるもの
いろいろありますよね。

 

検索ボリュームが多すぎる
それだけライバルがうじゃうじゃいる。

 

検索ボリュームが少ない
そもそもあんまり検索されない。

 

じゃ、どっちで戦えばいいのか?
そんな悩む年頃のあなたに朗報!

 

検索ボリューム少なくても勝てるんです!
理由は・・・フフ♪

 

月間平均検索ボリュームが少ない時こんな時

私の赤ちゃんブログで常に上位表示されてる
記事を例に、新巻鮭で見てみましょう。

 

キーワードは「4ヶ月 赤ちゃん 人見知り」
で狙ってます。

 

では、「4ヶ月 赤ちゃん」だけで月間平均検索ボリュームを見てみましょう。

ミドルキーワードまですごく
需要があるのがわかりますね。

 

ミドルキーワードでこんなに
需要があるから、戦うのはムリ!!
とは決して思う必要はないです。

 

だって、3語のスモールキーワードが
あるじゃないですか♪
今回でいうと「人見知り」が
狙い目スモールキーワード。

 

では調べてみます。

 

じゃん!

チャツオ
わお!一気に減っちゃったね!!

 

 

ですね~。ミドルキーワードが1万くらいだったのにたいして、
スモールキーワードとなると、一気に減ります。
これは当たり前のことなので、アタフタしないように。

 

複合キーワードが増えれば増えるほど月間平均検索は少なくなる

 

理由は、
より詳しく調べようとする人がいるからです。
つまり濃いユーザー=見込み客ということ

 

たとえば今回の例だと、

 

「4ヶ月 赤ちゃん」だけ見ると、
4ヶ月赤ちゃんのなにを
調べようとしてるのか
いまいちわからないのに対して、

 

「4ヶ月 赤ちゃん 人見知り」の場合

 

ずばり、
「4ヶ月赤ちゃんの人見知りっていつからなの?」
とか、

「4ヶ月赤ちゃんの人見知りが激しくて困ってる」
って想像できますよね。

 

ミドルだのスモールだのわからない人は
ここでおさらいしてくださいね^^

【初心者が狙うべきキーワード選定】ライバルチェックも必須!
2019.2.25
アドセンスにおけるキーワード選定を改めて見直してみました。ほんと奥が深い!けど極めればこっちのもんですね!フフ♪...

 

検索ボリュームが少ないキーワードは無視すべきか?

え、じゃあ少ないなら狙わないほうがいいんじゃないの?
って、思っちゃいますよね。

 

そんなことはありません、むしろ狙うやるべきです!!
だって、上位表示されやすいから!

 

チャツオ
えーそうなのー?

 

エリー
そうなんだよ~♪バンバン上位表示されちゃうよ

 

特にブログを立ち上げた間もない頃はドメインが弱すぎるので、
検索数ボリュームが少ないやつをどんどん狙うべきです。

 

そうするとこんな結果に・・

上から2番めのママベビーズです。ちなみに、この記事はブログ立ち上げ2週間位のもの。確か。

 

なので、今現在、なかなかアクセスが来ないよって場合は、
スモールキーワードを狙って、アクセスを稼ぐと良いですよ。

 

ただし!!

 

検索ボリュームが少ないからといって
一概に勝てるとはいいきれません。

 

それはライバルの存在!
ライバルチェックをしっかりして勝てるかどうか判断してくださいね!

【初心者が狙うべきキーワード選定】ライバルチェックも必須!
2019.2.25
アドセンスにおけるキーワード選定を改めて見直してみました。ほんと奥が深い!けど極めればこっちのもんですね!フフ♪...

 

 

少ないアクセスで起きる嬉しいこと

ずばり、キーワードとブログ戦略次第ですが、
少ないアクセスでも稼ぐことは可能。
検索ボリュームが100とかでも稼げます。

 

さらに少ないアクセスの記事を増やし、上位表示させることで
ドメインパワーにつながります。ブログに力がつきます。

 

なので、少ないアクセスあなどるなかれです!
イメージとしてはこんな感じですね。

 

ちなみに、少ないアクセスで稼ぐためには、
アドセンスを基本に物販アフィリを
取り入れるスタイルをおすすめします♪

検索ボリューム多いの選べ!の基準って?

検索数が多いキーワードを選ぶのは基本です。
では、この検索ボリュームとは、何に対してのことなのか?

 

答えは
ミドルキーワードまでが需要があるもののこと

 

検索ボリュームの目安は?

 

↓これくらいあればGOOD!

 

ミドルキーワードが少なすぎると、そもそも、ほぼ検索されない
需要のないキーワードということになりますのでご注意!

 

そんなキーワード狙ったとしても、ほぼアクセスはありませんね。
ビッグ、ミドルの需要があってこそのスモールが成り立ちます。

 

ですので、まずはミドルキーワードまで需要あるかチェックすること

 

まとめ

検索ボリュームが少なくても勝てるよ!
ということが、おわかりいただけたでしょうか?

 

むしろ少ないほうが上位表示されやすい。
というメリットがあります。

 

ただし、検索ボリュームが少ないからといって
一概に勝てるとはいいきれません。

 

それはライバルの存在。
ライバルチェックをしっかりして勝てるかどうか判断してくださいね!

 

ライバルチェックの方法はこちら

【初心者が狙うべきキーワード選定】ライバルチェックも必須!
2019.2.25
アドセンスにおけるキーワード選定を改めて見直してみました。ほんと奥が深い!けど極めればこっちのもんですね!フフ♪...

 

ではまた~
Practice makes success!!

コメントを残す

ブログ実践記録の関連記事
  • アドセンスの種類&効果的な配置を見直し!クリック率はどうなった?
  • 検索ボリュームが少ない多いKWとか確認せず記事を書いた結果
  • ブログ上位表示されるまでたった1日!強くなってきたかな?
  • 検索ボリュームが少ないのは勝てないのか実際にやってみた!
  • 1アクセスを無駄にしない!少ないアクセスでも報酬につなげる方法
あわせて読みたい記事