ライバルより濃い記事を書いて上位表示させる方法~脱ゴミ記事!
     

 

先日、ゴミ記事を削除しました。
ゴミ記事はブログ全体の品質に関わります。

 

「なんじゃこの薄っぺらい記事!」と思ったら、

 

即手直ししたほうがよいですよ。
もし手直しできないレベル
だったら即削除がよいですよ。
Lets断捨離記事!

 

ゴミ記事によって、アクセスのある記事が
もろに悪影響を受けちゃいますからね!

 

とはいえ、なるべく
「ゴミ記事を書かないようにする」
ことが大事かなと思います。

 

今回は、ゴミ記事を量産せずに
いつまでもグーグルに愛される記事の
作り方を教えちゃいます♪

 

ゴミ記事を消すメリット

たった1つのゴミ記事が、
ブログ全体の評価を悪くさせてしまいます。

 

たとえがんばって書いた記事でも、
愛着がある記事でも、アクセスが
なければ全く意味がないです!!

 

誰も読まない記事はゴミ記事です。
では、ゴミ記事を消すメリットって
どんなものがあるのかお話します。

 

①離脱率が低くなる
②アドセンス単価が低すぎる症状が軽減される
③グーグル評価が高くなる
④上位表示されやすくなる
⑤読者のためになる

 

どうです?こんなにたくさんのメリットが
あるんです。ゴミ記事を消すのもワクワクしませんか?笑

 

では、そのためには何をしたらいいか?
答えは「濃い記事を書くこと」
これだけです。

 

あ、もちろんキーワード選定を
しっかりとしたという前提です。
キーワード選定はいつでも見直してくださいね!

【初心者が狙うべきキーワード選定】ライバルチェックも必須!
2019.2.25
アドセンスにおけるキーワード選定を改めて見直してみました。ほんと奥が深い!けど極めればこっちのもんですね!フフ♪...

 

ライバルより濃い記事を書く方法

濃い記事を書くことで、たとえドメイン歴が
長いサイトがあっても勝つことができます。

ドメイン歴が長いサイトには勝てない?いや余裕で勝てるよ!
2018.11.2
ドメイン歴が長いから勝てないなんて、あきらめないで真矢みき!...

濃い記事を書くためには、まずは徹底的なリサーチ!

 

例えば、産後ダイエットに悩んでる人の
悩みを見てみましょう。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12197964722

 

ここで拾えるキーワードは
「産後 体重」

 

具体的な悩みは

・完ミで体重が減らない
・早食いをしてしまう
・運動をする時間があまりない
・産後ダイエットにプールは効くのか?
・散歩の数をもっと増やしたほうが良いのか?
・夜の間食を減らす方法は?
・小さい子供がいながらできる産後ダイエットの方法を知りたい!

って感じですかね。

 

単純にキーワードだけを拾うのではなく、
具体的な悩みを深く知ることが大事です。

 

悩みを深く知ることで、
どんなキーワードを選んだいいのかがわかり、
解決策も書きやすくなりますからね♪

 

では、「産後 体重」を関連KWツールで検索してみましょう。

続いてコピペして、キーワードプランナーで
競合性と検索ボリュームをチェックします。

たとえば「産後 体重 落ちない」を新巻鮭で見てみます。

そんなにボリュームないですね。
では、次にライバルチェックしてみます。
実際に「産後 体重 落ちない」で検索してみてくださいね!
https://www.google.co.jp/

 

ライバルサイトのタイトルを見ると
「落ちない」というキーワードより
「減らない」というキーワードを
よく使ってることがわかりましたか?

 

ということは、「減らない」のほうが
需要があるかも?と推測できますね。
新巻鮭でチェック!

「落ちない」よりすごいボリュームですね!

 

再び「産後 体重 減らない」で
ライバルチェックしてみてください。
https://www.google.co.jp/

 

「産後 体重 減らない」をタイトルに
含ませたライバルサイトは結構多いので
こんな時は4語目キーワードを狙うのが得策!

 

「産後 体重 減らない ミルク」を
ライバルチェックしたところ、
勝てそうだったので上位表示を狙ってみます。

 

このとき、仮タイトルを適当でいいので
作っておきましょう。
「ミルク育児で産後体重が減らない?スキマ時間にできる3つの運動!」

などなど。記事全体をイメージしやすくなります。

 

複合キーワードを全て網羅する

今回の、キーワード初期設定は
「産後 体重 減らない ミルク」ですが、

 

最終的には
「産後 体重 減らない」
上位表示されるように記事を
書いていくことを意識してください。

 

では、具体的にやってみましょう!!

 

「産後 体重 減らない」を
軸に、関連キーワードツール、
新巻鮭、グーグル検索窓から、

 

今回決めた「産後 体重 減らない」以降の
「複合キーワード」を拾ってください。
(悩みに沿った複合キーワードのみです)

 

たとえば

・産後 体重 減らない 原因
・産後 体重 減らない むくみ
・産後 体重 減らない 2人目

複合キーワード⇒「原因」「むくみ」「2人目」

 

また、

「産後 体重 減らない」と
似たような言い回しのキーワードの
複合キーワードも拾ってください。

 

関連キーワードツール見ると速いです!
「産後 体重」の悩みキーワードが一覧で出ますね!

では「産後 体重 増え続ける」
ではどうでしょう?

 

ついでに、解決策キーワードも見つけました。


「産後 体重 減らし方」

 

まとめますと、

「産後 体重減らない 原因」
「産後 体重減らない むくみ」
「産後 体重減らない 2人目」
「産後 体重 増え続ける」
「産後 体重 減らし方」

 

ここまでOKですか?次行きますよ!

他の複合キーワードを拾う理由と使い方

なぜ、タイトルに含ませない
複合キーワード拾うのかと言うと、

 

複合キーワードとは「一定の検索数があっての結果」です。
つまり「よく検索されてるキーワード」
ということです。これを利用します。

 

使い方

よく検索されてるキーワードを
そのまま見出しにする方法。

例)ミルク育児が原因で体重減らないの?
例)産後体重が減らない原因はむくみ?
例)体重が増え続ける理由
例)2人目は痩せにくい?

etc..

 

こんな感じでやれば、
「何を書けばいいかわからない」
ということもなくなりますし、

 

記事のボリュームにもつながります。
そして濃い記事につながります。

 

複合キーワードをタイトルに入れてもいい?

今回でいう「原因「むくみ」「2人目」を
タイトルに入れてもいいか?と言うと、

 

ずばり不自然なタイトルでなければOK!
ただし、キーワードの盛り込みすぎはしないように。
多くても5個までがよいでしょう。

 

理由はこちらの記事で書いてます↓

ブログ記事の書き方がわからない?読まれる稼げるテク5選!
2018.11.2
読者の心をつかめ!ブログ記事はこうして書くと読まれる!初心者が絶対におさえておきたいテクニックですぞ!...

 

たとえ、タイトルに
「原因「むくみ」「2人目」などの
キーワードを入れなくても、

 

見出しや本文でしっかり
「原因「むくみ」「2人目」に関することを
書いていれば
質の高い記事と評価されます。

 

そのためには各キーワードの
入念なリサーチが大事です。

調べまくりましょう!
どんどん深掘りしましょう!

 

リサーチしまくって書いた記事は
濃い記事になります。つまり!
上位表示がされやすくなるということです。

 

おさらい

「産後 体重 減らない」で上位表示されるということは、

・産後 体重 減らない 原因
・産後 体重 減らない むくみ
・産後 体重 減らない 2人目
・産後 体重 増え続ける

でも上位表示される確率が高くなるということ。

 

ダメな使い方

たとえば、「産後 体重 赤ちゃん」
はNGです。なぜか?

 

今回は
「完ミ育児で痩せない」で、
悩んでるので「産後 体重 赤ちゃん」となると
意味合いが違ってきちゃいますね。

 

⇒赤ちゃんの体重について悩んでる人と
自分の体重について悩んでる人との違い

まとめ

ライバルより上位表示させるためには、
濃い記事を書くことがなによりも大事。
(キーワード選定した上で)

 

✔タイトルに入れるキーワード以外の
関連した他の複合キーワードを拾う

 

✔見出しに複合キーワードを入れる

 

✔複合キーワードに沿った情報収集をすればいいだけ!

 

複合キーワードをすべて網羅するくらいの気持ちで記事を書く!
ということです。

 

もちろん、悩みに対する複合キーワードに沿った情報を入れることです。ただやみくもに、なんでも情報を入れればよいというわけではありません。

 

複合キーワード、並びに全く関係のない情報を盛り込みすぎても、ただそれは自分だけの独りよがりです。コンテンツの品質低下にも繋がってしまいますのでご注意!

 

検索ユーザーにとって、利益ある情報、役に立つ情報を書きましょ♪

 

1記事ずつ愛をこめて花束を♪
では!

コメントを残す

ライティング術の関連記事
  • 読みにくいメルマガから学んだ3つの特徴が危険すぎる件
  • きれいな文章なんか書く必要なし!稼げる反応の良い書き方
  • ライバルより濃い記事を書いて上位表示させる方法~脱ゴミ記事!
あわせて読みたい記事