記事タイトル変更しても反映されない3つの恐るべき原因とは?
     

「この記事ぜんぜんPVないなぁ」

 

「タイトルが悪いのかな?よし、キーワード見直して
タイトル変更してみよ♪きっと反映されるはず♪」

 

なんて、張り切って記事タイトル変更したのに

 

「ぜんぜん反映されないじゃん!」

 

そんな痛々しいお悩みを抱えてるあなた。
どんな対策をとってますか?

 

もしかして無対策、放置!?
それはそれで問題あり。笑
ちゃんと原因を探らないとマズイですよ!

 

あ、エリーです。

 

今回は私のコンサル生さんの
「記事タイトル変更しても反映されるまで
余裕で3ヶ月~半年かかるんです」
というお悩みをシェアしますね♪

記事タイトル変更すれば◯◯かも♪

そもそも、なぜあなたは記事タイトルを変更
するのですか?なにかよいことが起きると
思ってませんか?

✔検索順位があがるかも♪

✔クリック率があがるかも♪

 

とかいう理由じゃないですか?
はい、実は私も以前はそうでした。笑

 

でも、記事タイトルを変更すれば
検索順位があがる、クリック率があがる
とか薄っぺらいものではないんですね。

記事タイトル変更すれば上位表示?

初心者時代、なかなか検索順位があがらず

 

「タイトル変更すればいいだけじゃん」

 

という浅はかな考えでタイトル変更したものの、
全然検索順位なんかあがりませんでした(T_T)

 

それにはすごく大事な見落とし部分があったんですね。
今振り返ると、ほんと恐ろしいです^_^;

タイトル変更よりも大事なこと

それは、記事の質。
いくらタイトル変更したところで、、、

 

✔記事の中身がスカスカだったり、

✔検索ユーザー不満足記事だったり、

✔タイトルと記事の中身が一致してなかったり

 

こんなときは、いくら記事タイトル変更しても
検索順位なんかあがりませんよ。
ここを見落としてる人、結構いるんですよね。
(以前の私 笑)

 

CHECK!
その記事、情報量少なくないですか?
その記事、タイトルと一致した内容ですか?
その記事、検索ユーザーを満足させてますか?

見るべきポイントはこの3つだけです。

 

Googleさんはキーワード詰め込んだ
タイトルにすれば検索順位上げてあげるよ♪
なんて優しくはありませんので。汗

 

そんなことしてたら、薄っぺらい記事、
文字数がちょびっとの記事も
上位表示されちゃいますよね?

 

Googleさんはよく見てます。
「ユーザーにとって役に立つ記事」
なのかって。

 

だから、安易に記事タイトル変更は
おすすめできません。しかも
何回もタイトル変更してると・・・

何回も記事タイトル変更するとペナルティ?

以前、上位表示されてた記事の
タイトルを見直して、
もっと魅力的なタイトルにしよう♪と、
タイトル変更したんですね。

 

すると、1位から3位に転落しました。。(T_T)
欲をかいたばっかりに、転落人生。。
なんとか1ページ目には生き残れましたが、
かなりショックでした。。

 

で、いろいろ調べたところ、
どうやらこんな事実があるとかないとか。

 

月5回以上タイトル変更すると
ペナルティを受ける

 

って!!!

なんだって!!??

 

そもそもこの月5回とは

 

「1つの記事に対する回数なのか」
「複数の記事をまとめた回数なのか」

 

どちらを意味するかがよくわかりませんでした。

 

月5回変更するとペナルティを受ける伝説は、
あまり信憑性がなく、鵜呑みにはしないように
していたんですが、、

 

やっぱり気になったので調べまくりました。笑

 

結果・・タイトルをコロコロ変更すると

 

✔検索順位が大幅に下がる
✔最悪、圏外に飛ばされる場合がある

 

ということがわかりました!!

 

そもそも、仮に1つの記事タイトルを
5回変更したサイトなんて信用性なくて、
Google側の評価は下がるの当然?かなと。

 

タイトル変更6回した結果

私の経験上、月に1回、2回とか
タイトル変更しても(複数の記事)
特に大幅に検索順位が下がることはなかったのですが、

 

実は、2016年10月の出来事。
ブログ全体を見直してて、

 

2ヶ月たってもなかなか検索にひっかからない
外注依頼記事を見直して、
タイトル変更を月に5~6回したことがあります。

 

圏外に飛ばされるとかペナルティこそは
受けませんでしたが、
検索順位が大幅に下がりました。

 

なので、経験上あまりコロコロと
タイトル変更をしないほうがよいかと。
(月5回伝説はある意味当たってるかも)

 

けど、幸いにも1ヶ月ほどで
もとの検索順位に戻ってきました^^

圏外に飛ばされない限り、救いはある!

検索順位が下がったからといって、
落胆する必要はないです。

 

その理由は、
記事の質を上げれば検索順位はまた戻ってくるから!!

 

私は検索順位が大幅に下がったときは、
前よりもっと記事の質を上げよう!って
情報量を増やしたり、見やすい文章に
したりなど、いろいろ試行錯誤しました。

 

なので、

大事なのは記事の中身。質。情報量。
記事タイトル変更しただけでは、
検索順位はほぼ戻りませんのでご注意!!

 

Googleはちゃんと見てるんですね。
役に立つ記事書けてるか~?
って。

記事タイトル変更する前にやるべきこと

なので、記事タイトルを変更する前に

 

✔必ず記事を見直すこと
✔キーワード選定ちゃんとしてるか
✔記事の質を上げる努力をすること
✔役に立つ記事が書けてるか再確認

 

これが出来て、ようやくタイトル変更!
が安全コースかと思います^^

 

キーワード選定の方法についてはこちら♪

【初心者が狙うべきキーワード選定】ライバルチェックも必須!
2019.2.25
アドセンスにおけるキーワード選定を改めて見直してみました。ほんと奥が深い!けど極めればこっちのもんですね!フフ♪...

 

まずは、記事の質の向上を最優先!!
そのためには濃い記事を書くことですね!

こちらでマスターしましょう♪

ライバルより濃い記事を書いて上位表示させる方法~脱ゴミ記事!
2018.12.22
ケインコスギより濃すぎな記事を書く方法を伝授します!薄いより濃いのが絶対によいですよ。ゴミ記事になる前に濃い記事マスターしましょ♪...

Fetch as Googleしてる?

記事タイトル変更に限らず、
新規投稿、記事内容を修正した時など、
Fetch as Googleしてますか?

 

なかなか反映されない原因に、
Fetch as Googleをしてない
ことが考えられます。

 

Fetch as Googleはサーチコンソールという
中のサービス機能で
「より速くインデックスしてあげるよ」
というもの。

ただ待ってるより
「記事更新したのでインデックスおねがいします♪」
ってガンガンアピールしたほうがよいですよ!

 

速く検索表示させるためにも、
Fetch as googleは必ず使うべし!
通称フェッチー

フェッチーのメリット
記事を速くインデックスしてくれる

以上。笑

 

でも、この速くインデックスしてくれるって
なかなかの重要ポイントかなと思いますね。

 

だって、ただ待ってるだけだと
それこそ1ヶ月、2ヶ月とか待って
ようやく反映されるって感じですからね。

 

フェッチーのデメリット

ただし、フェッチーは必ずしも
速くインデックスしてくれる
とは限らないんです。

 

フェッチーしたからといって、
すぐ反映されない時もあります。

 

経験上、割と速くインデックス
してくれたのは、、、
濃い記事を書いた時。

 

逆に、薄っぺらい記事のときは
フェッチー依頼しても
全然反映されない・・・!!

 

やっぱり記事の質が重要。

 

まぁ、やってみなきゃわからないので
とりあえず記事更新、タイトル変更した
あとは、必ずフェッチーをお忘れなく!!

 

フェッチーの設定方法については
後日、記述しますね^^
それまではググってくださいね♪

まとめ

✔記事タイトル変更は安易にしてはいけない。

✔やりすぎコージーはペナルティになるかも。

✔記事の質を上げてからタイトル変更がよい。

✔Fetch as Googleをお忘れなく。

 

ではまた!

 

失敗を恐れるべからず

コメントを残す

  • 検索順位が上がらない人超必見!期間限定・すべて無料で丸わかりテク
  • 1PV大事にしてる?
  • ブログPVが上がらない・増えないときに見直す3つのこと
  • ヤフーアフィリエイトって稼ぐには何したらいい?
  • 【1ヶ所に入れるだけ?】超効果的なキーワードの入れ方はコレ!
  • まずはやってみてる?
あわせて読みたい記事
自己投資する人としない人の年収の違い
マインドセット
あなたは今までどんな自己投資をしてきましたか? 自己投資って実にさまざまですよね。 たとえば ・本を買う ・エステに通う ・セミナーに参加す...